FC2ブログ
line-s
02.23
「そうか…生き残りだったのか。」
 そういってザングは近くの椅子に座って大きくため息をついた。そしてニッコリと笑い、口を開いた。
「もしよかったら俺らのギルドに入らないか?」
 俺とカリーネは見合わせた。今まで旅を続けてきたがこんな話は今まで一度もない。しかし…ギルドに入って何かあるのだろうかというのもあった。
「俺たちのギルドは他のギルドともお話しながら活動しているところなんだ。その中なら怪物の情報なんてわんさか出てくると思うぞ。ずっと旅をしていて探すよりは、どこか一箇所に拠点みたいなのが欲しいだろ? だから俺たちのギルドを利用していいからな。」
 なんて上手い話なのだろうか。しかし何か裏もあるのではないかと慎重に考えるのが普通だ。そんなとき、よこからカリーネが口を開いた。
「ギルドに所属するということは私たちもギルドの仕事を手伝うものですよね。」
「まあな。だがギルドは自分でやりたい依頼を選んで仕事をするものだからな。ほら、そこに依頼リストがあるだろ? まあ早い者勝ちというのもあるが好きなものを選んで仕事をするもんだ。」
「そうなんですか。」
 隣でカリーネが納得している。でも…これは良い話なのだろうか。俺は半信半疑ながらもその話をしっかりと聞くことにした。
「まあ、おおきな仕事とかは手伝ってもらうがあまり自由は奪わないようにするさ。」
 そういわれると俺は考え込んでしまった。カリーネもまだ決め切れてない気持ちの様子だった。相手のザングも仲間たちとしっかり話している。俺たちがギルドに合うかどうかの相談をしているのだろう。俺は仕事内容をチラッとみた。採取もあれば手伝いもある。やはりギルドといえるような討伐の依頼まである。一応俺とカリーネも戦闘経験はある。しかしあまり好んで戦いたいというものではない。
「そうだ!」
 ザングがひとりおおきな声を出して立ち上がった。
「俺たちのギルドに入ったら、俺も怪物に関して協力するぞ。」
「ええっ!?」
 俺たちよりも後ろの三人が先に驚いた。まさか思いつきで言ったことなのではないのだろうか。
「本当ですか?」
「ああ、俺は手伝ってやる。興味があるしな。」
 そういって男は右手でこぶしをつくり、左手の手のひらに向けてパンと叩き、笑った。
「それなら…ギルドに入ってもいいよね? ねっ、アベル。」
「まあな。」
 そういって俺とカリーネが言うとザングは肩をポンと叩いて笑った。
「そうか。これからよろしくな! そういえば名前を聞いてなかったな。」
「ああ、俺はアベル・カルヴァートです。」
「私はカリーネ・ヒュランダルです。」
 私たちは改めて挨拶をしてこのギルドに所属することになった。
「悪いけどその話には俺はお断りだ。」
 後ろで片目が隠れるほどの髪をした男性が座って言った。
「おいおいジェヴェ、こんなに良いやつらが入ってくれるんだぞ?」
「おい、そこのアベルという奴、さっきの怪物を持っていたところは見たか?」
「見ましたよ。」
「俺たちは別の依頼で仕事している途中にアイツに襲われたんだ。怪物の中ではかなり弱い方だと資料には書いてあった記憶があるがアレは嘘だ。俺たち四人がかりでもかなり苦労したんだ。死ぬ可能性だってあった。あんな奴と戦うなんてもうゴメンだ。」
 そういって男は奥の扉に入ろうとした。俺はその言葉に苛立ちを覚えて叫んだ。
「俺たちは本気なんだ! 両親も連れて行かれ、町のほとんどの仲間が死んで!! そうすぐに逃げるやつをみるといらだつんだよ!!」
「アベル、無理に押し付けることはないの! 落ち着いて!」
「だったらだ、お前たちの実力を見せてもらえないか?」
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/659-e4860b2b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top