line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
02.17
「まっ…まってくれ。なぜ俺は殺されなきゃいけないんだ。」
「あなた…おばあちゃんを…殺そうとした。だから殺す。」
「ちがっ……まてっ!!!」
 グシャッ
「か…はっ……。」
 バチャン
「……立てなきゃ。」
「なっ…お前何やって…。」
「見た……殺す。」
「こいつ…間違いない…アレリ…。」
 シャッ
「あ……か……。」
 バタッ
「この人も…立てなきゃ。あ、もう人じゃないか…。」

「すみません、今戻りました。伝えたいことがありまして。」
 俺達は本部へと戻ってきた。リーナさんに声をかける。
「どうしたの。急いでいる様子だけど。」
 リーナさんは検査している手を止めて俺達の顔を見る。するとナーニャが前に出て大きく深呼吸をした。
「アレリアの写真を見ることが出来ました。シュナイダーは写真を手に入れてます。少ししか見えませんが。でも…私、見たことがある人でした。」
「なに…それなら…。」
「私に…とある提案があるのですが。」
 そういってナーニャが低い声で問いかけた。そしてもう一度深呼吸をした。
「始めて会った場所など教えます。ですが…この件、私がアレリアに会って止めにいってもよろしいでしょうか。」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1857-5fe8a509
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。