line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
02.05
「コチラ動きは全く無い。」
「わかった。」
 俺はリーナに連絡をとって電話を切ろうとした。だが、目の前で男が動き出した。右手には鞄の中から取り出したと思われるものを出していた。厳重な箱? 何かを渡すのだろうか。
「いや、リーナ。数名こっちにアシストを頼む。動き出した。」
「わかった。今連絡する。」
 そういって俺は飲み物を飲み干してゴミ箱へと捨てる。そしてその男の後をつけるように歩いていく。何が起こるかわからない。だからこそ…ついていくべきだ。そして…逮捕すべきだ。
「何か持っているの?」
「ああ、右手にさっきには無かった何かがある。それをおそらく渡すか…あるいは…。」
 そういって俺はついていく。きっと…何かをたくらんでいる? もしくは荷物を渡す気なのか?
「今そっちに4人ほど向かわせた。」
「ありがとう。なんとかする。」
 そういって連絡を切った。あとはどう動くか。それを見極めるだけだ…。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1855-de64de9b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。