line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
02.03
「うわ……これはひどい。」
 俺は思わず声が出てしまった。たしかにその写真はひどかった。顔はギリギリまでしか見えていない。どこか…見たことはあるか? いや、思い出せない。
「(これって…まさか…!)」
「他の人たちはどうか?」
 俺は後ろを振り向き、みんなの顔を見る。誰もが首を振っている。これが…アレリア。俺達にとってみれば…都合がよかったかもしれない。
「わかった。すまないな、途中で止めてしまって。」
「いえいえ。それじゃあ…。」
「ああ、気をつけろよ。」
 そういって俺達は歩いていく。とりあえず、彼らの目につかない場所まで歩いていかないといけない。そう思いながら歩いていく。そして歩いて五分後、ここなら問題が無いはず。
「ねえ…皆。」
 突然ナーニャが口を開く。俺達はナーニャを見る。唯一サスト先輩だけが周りを見た後に見た。
「今日行く途中に会ったあの子……あの写真の子と一緒だった。」
「えっ。」
 俺達は一瞬で空気が凍りついた。まさか、そんなはずはないと絶対に思った。だけどナーニャが真剣な眼差しで見ていた。そしてクレイナがナーニャの近くへと歩いていく。
「そうだね、間違いであっても大丈夫。もし本人なら抵抗をするはず。だから連絡を入れた方がいい。」
「うん…そのつもりだよ。大きな事件になる前に…少しでも手がかりになるのなら。」
 ナーニャは連絡手段をとる物を取り出す。
「まって、いまここではダメ。とりあえず戻ること。まだ……いる。」
 レイチェル先生が小さな声で伝えてきた。まだ…この近くにシュナイダーがいるというのだろうか。だったら…戻った方が懸命に違いない。戻ることを最優先で…!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1853-85375d4f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。