line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
01.22
亜弓「あはは…大丈夫?」
由紀「無理…もうあんな所、絶対に行かない。」
 由紀は涙を流しながらお化け屋敷から出てきた。というか…本当に嫌いなんだなぁ…。
千恵美「なんか…その…悪いことしたわね。」
由紀「もういいですっ!!」
恵美「やっぱり可愛いわね…。」
由紀「可愛くないですから!!!」
 由紀は激怒している。それに泣いている。そろそろ…助けてあげないと。
亜弓「大丈夫だよ…もう大丈夫だから。」
由紀「ありがとう…もう…平気。」
瞳「お母さんみたい。」
 私、お母さんみたいじゃないんだけど。そんなことを思いながらやさしく由紀を撫でる。まあ、口には出さないけど…ごめん、やっぱり由紀はかわいい。
理恵「やほーい!」
亜弓「あ、理恵。」
理恵「うちのクラス、焼きそば作っているのだけど、食べてく?」
由紀「たべる!!」
瞳「もち!!」
 理恵の言葉を聞いた瞬間、あれだけ泣いていた由紀がいきなり元気になった。このテンションの変わり具合は一体何なのだろうか。でも…これならまだ楽しんでいけるはず。
理恵「そんじゃ、私が作るからまっててね!」
 そういって理恵が調理場所へと向かっていく。大丈夫…かな?
理恵「じゃあ作っていきましょー!!」
「任せたよー。」
 ジューー
 そういって理恵が料理を作り始める。手馴れた手つきだ。いや、まって。これ本当に上手すぎかもしれない。熟練の人にしか出来ないような感じの手つき、すごすぎる…。
由紀「お化けのことなんて忘れるぐらいすごい上手ね。」
真希「ヴぁあああ…。」
由紀「いやぁああっ!! や、やめてよ!!!」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1848-422f33f6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。