line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
01.20
 私達は千恵美先輩と恵美先輩に引っ張られる形で出し物の所へと連れて行かれた。そして由紀は何故かものすごく拒否する形をしていた。もしかして…怖いのダメなのだろうか。私もあまり得意ではないけど…。
由紀「やだやだやだ、私待っていていいよね。」
瞳「そこまで拒否しなくても…。」
 由紀が声に出してまで断り始めた。そんなにダメなのだろうか。たしかに作りこみがものすごいけど。
千恵美「いいよ、今回は無料で入っていいから。」
真希「ほら、先輩達がサービスしてくれているよ。」
由紀「いや! いやなの!!」
恵美「さて、レッツゴー!」
由紀「いやぁああああああ!!!」
 入る前から由紀が絶叫していた。私達は苦笑いしながら由紀の後ろへと歩いていく。かわいそうな由紀…。
由紀「亜弓、ちょっと背中貸してくれる?」
亜弓「えっ?」
 そういって由紀は私の背中へと移動した。そして背中に何かが当たった。由紀の…顔?
由紀「これで隠しているから進んでいってくれる?」
亜弓「あは、あはは。わかったよ。」
 私はそういって歩いていった。たしかに暗いしなかなか作りこまれている。しかし進んでいくと瞳の姿が見えるが、真希の姿がなかった。
真希「ほら、ここは明るいよ。」
由紀「本当に?」
 真希がライトをつけて由紀に声をかけていた。よかった、これでなんとか落ち着いてくれそうかもしれない。
真希「だぁー。」
由紀「ぎゃあああああああああああ!!!!!!!」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1846-83f6aedb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。