line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
01.16
 俺達はいろんな場所をまわりながらパトロールを続けていた。今のところは何もない。というか何も起こって欲しくない、平和でいて欲しいっていうのが本音だが。
「あ。」
 ナーニャが突然足を止めて横を見ていた。何かあったのだろうか。それと同時にアリスも足を止めていた。
「「あれ食べたい。」」
 ナーニャとアリスが同時に答えた。二人が指をさす方向にはクレープ屋があった。たしかにおいしそうだけど。
「おいおいまてよ。今はパトロール中だというのに…。先生も何か言ってくださいよ。」
「あれ、おいしそうよねー。」
 ダメだ、レイチェル先生も完全に釘付けだ。もう、どうしろっていうんだよ。サスト先輩なら何とか言ってくれるはず。
「まあ、いいんじゃね。」
「まじっすか。」
 俺はため息をついてクレープ屋の前へと移動していく。
「クレイナは何にするん……ってあれ? クレイナ?」
 クレイナの姿がない。いったいどこにいったんだ? まさか…連れ去られた!?
「すみません、これ御願いします。」
「おまえ注文していたのかよ!!」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1845-dd97b74c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。