line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
12.22
「さてと、こっからが大変なんだよな。どうやって犯人を捕まえるかってのが気になってくるし。俺にはなかなかわからない所があるけど。」
「そうだね。私達には私達ができることをやらないとね。」
「そうね。」
 俺たちは歩いて電車の方へと向かっていく。クレイナもナーニャもアリスも皆、思いは一つだ。
「おばあちゃん、平気?」
「大丈夫よ。おっと…。」
 青信号になったとたんに隣のおばあさんがこけてしまった。隣の女の子が一緒にいるのだと思うのだけど、荷物を持っていて助けられそうではなかった。
「もしよろしければ荷物持ちましょうか? 渡るまで持ちますよ。」
「あら、ごめんね。」
 そういっておばあさんはゆっくりと立ち上がる。俺はおばあさんの持っていた荷物を両手に持つ。
「肩、お貸ししますよ。」
「あら! ごめんなさいね…。」
 そういってアリスが肩を貸していた。後ろではナーニャとクレイナが女の子と歩いている。
「あ、あ、あの…。ありがとうございます…。」
「いえいえ。お気になさらず。(変わった人だなぁ…。髪型も独特…。)」
「……マズいかもしれない。」
「えっ。」
 俺たちはゆっくりとおばあさんを誘導していく。荷物、大変なのだろうな…。
「危ない!!」
 突然前の男の人から大きな声が聞こえてきた。俺は驚いて横を向く。するとものすごい勢いで突っ込んでくる浮遊車がいた。ヤバい、間に合わない!!
「つぅ!!」
「(間に合って!!)」
 ダンッ!!!
 ガシッ!!
 突然体が浮遊車の突っ込んで来た方向ではなく、前へと進んでいた方向に勢いよく流される。俺の体が宙に浮いている…? いや、掴まれている。…ナーニャ!?
 ザザザザ!!
「おばあちゃん!!」
 ナーニャの右手にはあのおばあさんが。そして向こう側にあの女の子がアリスを助けていた…。なんだ、何が起こったんだ。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1831-744627bc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。