line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
12.02
 ギィイイン!!
新天「っしゃああ!!」
 シュゴオオオ バシィン!
 ストライクバッターアウト!
亜弓「っし!!」
 試合はワンサイドゲームになってきた。決して大量得点を取れるわけではないけど、2回から最低一回の攻撃ごとに確実に1点はとっている。結果、6対0、ここまで失点はしていない。
友亀「キャッチボールするぞ。」
亜弓「あ、はい。」
 私はツーアウトになったのを確認してキャッチボールを始めた。
 シューーー バシン!
友亀「ん? お前もしかして疲れているのか?」
亜弓「まあ…ちょっと腕が重いというか…。」
友亀「そうか…。館川! 準備してくれるか!」
館川「えっ? マジ?」
 私が友亀に伝えると館川に声をかけていた。たしかに…このままの調子だとどこかでつかまってしまいそうな気がする。だけど…気持ちで負けてはダメ、常に勝てると思っていなきゃ。それが私の強さだし!
 バシン アウト!!
友亀「よし、いくぞ。」
 私はマウンドへと向かっていった。この回も抑えて…速めに抑えればきっと休める時間もあるはず!
尾上「っしゃあす!」
 バッターは二順目の四番、尾上。前回はストレートで空振り三振、でも四番という位置にいる。だからこそ…気をつけていかなければ。
 シュゴオオ バシン!
 ボールワン!
亜弓「ふぅ…。」
 腕が重い。いつもより重い。だけど…ここでへばっていたら…チームの迷惑にもなる。それに…私はここを抑えなければエースとして…!
 シュゴオオオ
尾上「ど真ん中!!」
 ギイイイイン!!
尾上「やべ、打ち上げた。」
友亀「センター!!」
 とても高い打球がセンターへと飛んでいく。ホームランにはならず、アウトにはできそうだけど…確実に甘い球になってきている。
 バシン アウト!!
 アウトにはした。だけど…もっともっと…。気をつけていかないと…。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1822-537018fe
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。