FC2ブログ
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
10.18
「ねえシンヤ、連絡来た?」
「ああ、俺もこれから向かうところだ。」
 俺はナーニャと合流した。レイチェル先生も用意している。クレイナは画面を取り出して情報を見ている。レヴィさんからの連絡で集まることになった。また被害者が出たということだけど、何か今回は違う。何か手がかりになることでも見つかったのだろうか。
「お待たせ。乗せていくわよ。」
 俺たちはレイチェル先生の車に乗る。俺たちは連絡を取るために、レヴィさんのいる部署と電話をつなげた。
「レヴィさんですか? 用件をある程度説明してくれますか?」
「ああ、今回また被害者が出たのだが、相手がマフィアでな。『シュナイダー』ってのは聞いたことあるか。」
「名前までは。」
 俺がそう答えるとクレイナが俺の肩をポンポンとたたく。そして画面を見た。
「私は知っています。主に裏でお金など色々と活動している団体ですよね。」
「そう。そのメンバーが殺されたことによってその団体が動き始めてね…。そのために調査に回ってもらいたいと思うのだけど…。」
 俺たちは説明を聞きながらメモを取る。レイチェル先生も少しいそぐように運転をしていく。動くということは…マフィアが何かを…。
 ドォン!!!
「な、何!?」
 急に大きな爆発音が聞こえる。それと同時にレイチェル先生は急ブレーキをかける。
「っだああっ!? 何があった!?」
「右! 建物が!」
 右を見ると建物が爆発していた。一体何だ? テロか、もしくは強盗か!?
「どうしたシンヤ!」
「レヴィさん、右側の建物が爆発して…今カメラをつけます!」
 俺は急いでカメラをつける。
「リーナ! 緊急事態だ! 部隊要請を!」
「了解! 私達もいくよ!」
「まずシンヤ! その場から安全な位置まで移動するんだ!」
「わかった! レイチェル先生!」
 俺はレイチェル先生に声をかける。しかし周りの浮遊車は全部止まっている。動きたくても動けない。すると爆発した建物から…あれは何だ!?
「っらああ!!」
 ドラゴンと人間、それ以外の種族の者たちが武装して出てきた。そして銃を乱射する。
「やばい! 先生!」
「わかっている!」
 先生は急いで浮遊車を動かした。間をすり抜けてその場から急いで逃げていく。
 ゴォン!!
「なっ!?」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1775-5d40d77f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。