FC2ブログ
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
10.18
 バシーン! ストライクバッターアウト! ゲームセット!
亜弓「っしゃあ!」
由紀「ナイスピッチ!」
 私はヒット二本、点を一点も取られずに試合を終えることが出来た。七回コールド、良い形で試合を終えることが出来た。スタンドやベンチは喜んでいる人たちで大勢だった。
審判「礼!」
皆「したぁ!!」
 これで二試合目も勝てた。まだ、負けるわけにはいかない。甲子園にいくために、勝ち進まなければ…!
由紀「亜弓、終わったら涼香さんがアイシングしてくれるって言っていたよ。」
亜弓「あ、ありがとう。クールダウン終わったら向かうね。」
 私は友亀とクールダウンを始めた。今日のような調子で次の試合も望むことが出来るように頑張らなければ。大会中は調子が悪かったではすまされない一発勝負。常に本気で挑んでいかなければ。
友亀「お疲れ。あがっていいぞ。」
亜弓「はいっ。」
 私はゆっくりと肩をまわしてベンチへと戻る。そして荷物をまとめてベンチ裏へと入っていく。
涼香「お疲れ様。」
亜弓「お疲れ様です。」
栗山「あれ? 定峰先輩じゃないっすか。お久しぶりです。」
 キャプテンが挨拶をすると涼香さんが身構えていた。あ、そうだった。涼香さんは男性が苦手だったんだ。
涼香「ど、どうも…。」
亜弓「こっちに移動しますので。お願いします。」
涼香「ええ、そうするわ。」
 私と涼香さんは女子更衣室へと移動していく。ここに移動すれば男性は誰も来ない。涼香さんも安心して出来るはず。
由紀「あの、私もお願いしてよろしいでしょうか?」
涼香「ええ、いいわよ。」
 由紀が隣に座って私の顔を見ていた。そして私の方はマッサージが始まる。
由紀「今日はとっても良かったね。いつもより調子よかったんじゃない?」
亜弓「そうだね。でも次に向けて調整もしていかなきゃ。」
 そういうと私は笑った。由紀も私の顔を見て笑っていた。笑い続けられるように…この先も勝っていかなければ…!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1774-68f1670d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。