FC2ブログ
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
07.27
亜弓「ええ、是非交換しましょう。」
由紀「交流は大歓迎だよ。私達も多くの女性選手とつながることができるから! きっと他の人たちも喜んでくれるはずよ!」
皐月「ありがとうございます。」
 皐月という人は私達と連絡先を交換した。なんだかやさしそうな人に見える。そして連絡先を交換すると私達の顔を見た。
皐月「あの、私そんなに他の人と比べて才能ないけど…甲子園に出れるように頑張りますね。」
亜弓「うん、頑張ろうね。」
由紀「それに才能が無いなんてことはないよ。否定的にならないでもっと自身もっていいよ。」
皐月「そうですか?」
由紀「コントロールも良くて変化球もキレも良く投げれてる。球が速い遅いじゃなくて、そのセンスは良い物を持っているよ。」
皐月「ありがとうございます…。」

篤史「俺が…離れていた理由ね…。まあ…事故だよ。」
千道「どうしてそれを言わなかったんだよ! それに何処にいってたんだ! 多くの報道陣がいろいろと聞き込みをして、野球界は本当に衝撃を受けたんだぞ! 事故って…それが本当ならまだ野球はやれるんだろうな。」
篤史「続けられるよ。ただ、体力も落ちたしブランクもある。というか体力に関しては負担をかけてきたことでちょっとやらかしたのもあるし…。まあ…事故が起きたときは二度と野球は出来ないって言われたけどな。」
千道「お前…それって!」
篤史「でも俺はいまここにいる。そしてプレーしている。まあいなくなった理由としては…アメリカで治療していたんだ。」
千道「アメリカ…行ったのか。」
篤史「ああ…。」
千道「頼みがある。」
篤史「どうした?」
千道「最後に…もういちどお前の球を受けたい。少しでもいいんだ。」
篤史「…10球だけでもいいか?」

亜弓「でも…すごかったよ。あんなに9回フルで投げられて、それもコントロールをしっかり安定したままでいられるなんて…。」
皐月「いや、そんなことないですよ…。でもキャッチャーのリードがあるからかもしれません。」
由紀「たしかにキャッチャーはすごかったわね。それでも二人とも良かったわよ。」
亜弓「これからも…よろしくね。」
皐月「こちらこそ…。」
 バシューーン!!!
由紀「!? なに…この音は。」
亜弓「ブルペンから? いったい誰が…。」
皐月「…行きますか?」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1684-c8fe39e1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。