FC2ブログ
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
07.22
由紀「あれって…狙っているよね。」
千道「ワンアウト! 落ち着いていこう!」
篤史「千道はなんというか…勘が鋭い感じだね。投げていてはものすごく安心感があるんだ。たとえそこが打たれそうかな? と思っていても三振になったり凡退になったりする。どうしてあんなリードになるかはまだ分からない。でも…この投手のようにコントロールの良い投手だとその力は最大限に生かせると思う。」
 バシン! ストライクワン!
亜弓「確かに…コントロールがすごく良いね。」
由紀「たとえ捉えられてしまう状況であってもギリギリまで考えている所がすごいよね。でも…私に対しての内角からの外角攻めは考えていたように見えるよ。」
篤史「だからアレが勘なんだって。次の打席入ってみ? まったく違う攻め方してくるから。」
 ギィイン! バシン! アウト!!
沖田「(まじかよ…ど真ん中投げてきやがった。)」
海鳳「ドンマイ! 次があるよ!」
新天「でも…もう一つ気になるのがあの投手の投球の仕方…あんなゆったりとした感じはいままで見たこと無いね。」
亜弓「たしかに…あのフォームは独特だね。力が抜けているからしっかりとした球が投げられるのかな。」
由紀「しっかりじゃないよ。何か独特の雰囲気を感じる。」
 あの独特のフォームから出される球は変な感じがすると言う。バッターボックスに入れば分かるだろうか。にしてもあの力の抜き方は何なのだろうか。
 ギィイイン! バシン! アウト!!
皐月「な、ナイスセンター!」
千道「よし、こっちも三人で片付けたぞ!!」
 向こうも波にのってきている…。私はその波を断ち切るようなピッチングをしなければ。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1675-953bb9ff
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。