FC2ブログ
line-s
07.17
「そうだ千代乃、この部分のところなんだけど。このダンスでよさそうかな?」
「とても良いと思ったのだけど、私たちのレベルで出来るかと思ったら…ちょっとまだ厳しいと思うの。恭花さんならこれぐらいのダンスはこなせると思うのだけどね。」
「楓、このデザインのことなんだけどね。もっと明るくした方がいいかな?」
「そうだね。ここをこうして…こうするといいかな。あ、でもCDにするんだよね…この部分がちょっと寂しい感じがするね。アリスのデザインは好きだからきっとここに付足すだけでも良いのができると思うよ。」
 私たちは新曲のそれぞれ確認すべき点について確認をしていく。私達がやるべきことは多くある。悩んで悩んで、最高のものを作るために。…もっともっと頑張らなければいけない。
「あ、皆。私のお母さんから差し入れもらったの!」
「本当!? アリスのお母さんって料理上手なんだっけ?」
「というかもう休憩時間だね。相当集中していたから時間忘れちゃったよ。」
 私たちは休憩時間を忘れて話しあっていた。アリスは鞄の中から弁当箱を取り出して空けた。それ以前に弁当箱がかなり豪華に見えていた。
「え、何コレ!? 蟹!?」
「すごっ! というかものすごくおいしそう!!」
 弁当箱の中にはまさかの蟹があった。しかもこれは毛蟹、相当おいしそうなものだった。私達は目を輝かせて蟹を手に取る。
「いただきます!」
 私たちは蟹を口に入れる。
「おいしっ!! これで今後も頑張れそうだね!」
 皆が笑顔で蟹を食べる。これで午後からも頑張れそう!
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1670-5b9a7df3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top