FC2ブログ
line-s
07.16
「ということは…私はこっちに行けばよいのね。」
 私はレヴィとダジルから連絡が来たように、上の方に連絡をして至急集まるように連絡をした。私は歩きながら現在の周りの状況を確認する。ん? あそこで立ち止まっている二人がいた。何をしているのだろうか…?
「あの…大丈夫ですか?」
「…ああ。平気だよ。それより君、他の人たちとは不思議な感じがするね。」
「そうでしょうか。義手と義足があるぐらいでしょうか。」
「いや、もっと…。」
 何かお話をしている。ん? 片方は…義足? 何か困っているのかな。
「あの…すみません。どうされました?」
「いえ、特に何も。」
 私はその女の顔を見る。何か…無気力感に感じる…不思議な顔をしていた。もう一人は…薄いサングラスをしているから顔の全体図が分かる。顔に…傷?
「ただぶつかっただけなので…平気ですよ。」
 何か…話し方が独特だ。声の抑揚も通常じゃない。何か…いやな感じがする。
「そういうあなたは…クォーターですか。不思議なものですね。ほうほう…また…会う機会があるかもしれませんね。」
 そういって男は立ち去っていった。何を考えていたのだろうか。とにかく…女の子は無事のようだった。
「大丈夫?」
「はい、大丈夫です。」
 女の子は通信機を押しながら音を確認していた。
「あなた…名前は?」
「クレイナです。えっと…どちら様でしょうか。」
「あ、すみません。ナオ・ラ・マエストリです。その通信機器は?」
「これは現在地下にいる二人へとつなぐものです。」
「地下? まさか!?」
 私は急いでレヴィに通信信号を送る。まさかこの人たちの仲間たちが地下にいるのだろうか。
「レヴィ!? ちょっと聞いた情報だけど、本当に噂を聞きつけて侵入した人がいるみたいなの。早く救助してあげないと大変かも!」
「本当か? 分かった。急いで探す。」
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1668-d7b5dc2b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top