FC2ブログ
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
11.26
友亀「(完全に相手のペースになっている。だけど…まだ終わらせはしないさ。必ず一点を取れば崩れるんだ。狙いべきはここしかない!)」
 バッターボックスに友亀が入る。私はネクストバッターサークルに入り、六実さんの投球を目を凝らしてみていた。私が返せるなら私だって得点に貢献したい。だから…ここは落ち着いていかないと。
対馬「(さてと、プレッシャーがかなり減ったな。おそらく走ってくるがかまわない。ここは投球集中だ!)」
 六実さんはサインに頷きセットポジションに入る。由紀はしっかりとリードをとっている。おそらく走るのだろう。
 ダッ
 シューーー グッ バシン!
 ストライクワン!
友亀「(まず二塁…!)」
 ランナーを二塁に行かせてチャンスを広げる。それでも六実さんの顔は真剣そのもの、そして少しリラックスできていた。
 シューーー バシン! ボールツー!
友亀「(おそらく次は変化球。チェンジアップだろう。)」
対馬「(チェンジアップ、低めにだ。)」
 サインに頷き足を上げる。…勢いがある…!
 シュッ
友亀「(予想通り!)」
 グググググッ ギィイイン!
友亀「!?」
 友亀の打った打球は平凡なサードフライ。配球を読んでいたかのようにも見えたのだけど…まさかさらに遅くなったの?
六実「ふぅ…チェンジアップが有効的に使えた。」
 バシン! アウト!
 ツーアウト。このチャンスは逃してはいけない…。だから…私が。
由紀「亜弓! リラックスしてね!」
 由紀から声をかけてもらう。それでリラックスできる人はどれぐらいいるのだろうか。わたしは由紀の声だけでもリラックスが出来た。
六実「(ふぅ…変化球はあまり見せたくない。後ろに…羽葉がいるから。)」
 サインに頷き足をあげる。私はタイミングよく足をあげる。ストレートしかない…私に望みがあるとすれば…!
 シュゴォオオ ギィイイン!!
六実「なっ!?」
対馬「センター!!」
由紀「良い当たり! …でもっ!」
 打球はセンター前へとライナーで飛んでいく。しかし前進守備をしていたセンターが突っ込んでくる。飛びつくつもりだろうか。
下野「らぁぁあ!」
 バシーン! ザザザザザ
 アウトー!
下野「しゃあああ!」
上野「ナイス! さすが弟だ!」
武蔵「よっしゃあ!」
 まさか…またファインプレーに阻まれるなんて…。これが…甲子園の難しさってものなのだろうか…。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1429-de62ad64
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。