FC2ブログ
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
11.21
池之宮「ナイスピッチング。次は俺からか…打ってくるよ。」
亜弓「頑張って。」
由紀「ナーイピッ!」
 由紀が後ろから私の背中をポンと叩いた。由紀は笑っている。そうか、由紀の打席も回ってくるのか。きっと…由紀なら問題なく打ってくれるだろう。だけど…唯一気になるのはあのカーブ。いや、ドロップというべきか。アレをどう捉えるのかというのが気になる。義手を変えたからきっと打ちやすくはなっていそうだけど…そう簡単には打てなさそう。どうやっていくのだろうか。
対馬「(正直あまり羽葉の打席以外ではあの球は投げられない。きっと…球筋を覚えて打ってくるだろう。だったら…ここは速い変化球で!)」
 池之宮がバッターボックスに入る。こういう場面の池之宮は信用していいといわれる。だから…きっと…。
六実「っら!」
 シューーーー グッ
池之宮「ふん!」
 ギィイイイイン!!
六実「えっ!?」
対馬「ライトー!!」
 弾丸ライナーでライトの頭上を越えていく。そのまま伸びて…入って!
淳和「何なのよこの打球は!」
海鳳「入れ!!」
 ガシャーーン!!
池之宮「くそっ!」
 池之宮の打球はフェンスに思い切り当たり、跳ね返っていく。池之宮の足と淳和さんの肩では。
淳和「っらあああ!!」
 シュゴオオオオ バシン!
「オオオオオオ!」
 球場が沸く。淳和さんの圧倒的強肩で池之宮は一塁に釘付けになってしまった。あんな送球されたら他の人だって…。相当な肩を持っている。だけどヒットはヒット、次は…新天だ。
新天「(ナイバッチ、池之宮。)」
六実「ふぅ…。まだ、大丈夫。」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1424-5a439233
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。