FC2ブログ
line-s
11.15
「おはよう。今日は終業式だな。」
「拓斗…どうしたんだ?」
「そうだな…はは、ははは。」
 俺は笑いながら席に座る。もうなんだか頭がおかしくなってきている気がする。考えることがごっちゃごちゃ、そして本当に俺は何処に向かっているのかが分からなくなってきた。
「おい、拓斗大丈夫かよ。」
「六道と何かあったのか?」
「まあ…でも…うん。思い出せない俺が悪いだけだ。わざわざありがとうな。」
 二人は俺のことを気にかけてくれている。だけど思い出すことができていない俺がここにいる。そして…今日結論を出さなきゃいけない。そして…思い出さなきゃいけない。なんとかしたい。その思いで必死だった。
「おはようございます。今日で終業式、このクラスもこれでお別れですね。二年生から新しいクラスになりますが皆さん頑張っていきましょう。」
 先生が教室に入って俺たちに説明してくれる。すこし半泣きになっている人たちもいる。クラスが分かれるだけなのに涙が出てしまうことはある。まあ…これが普通の高校生というものか。
「それじゃあいきましょう。」
 俺たちは席を立ち上がって歩き始める。これから…終業式が始まる。
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1411-23aaf0f2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top