FC2ブログ
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
11.15
由紀「まさか…そんな…。」
亜弓「一気に…トリプルプレーでアウトになるなんて…。」
 私たちはただ唖然としていた。日下部監督もこれには口があんぐりとしてしまった。確実にセンターに抜ける当たりだったのに何故セカンドがあんな所にいたのだろうか…。府中先輩も芦毛先輩も確実にヒットだろうと思って走っていた。それが普通なはず…。なのに…。
府中「すまない…日高。」
卜部「あんなことになるとは思っていなかった。」
海鳳「俺がもっと良い当たりをしていれば…。」
 三人が私に謝ってくる。だけど…謝っていても仕方が無い。起こってしまったものはそれが真実なんだ。だから…。
亜弓「まだ…試合は終わってないですから…。」
 私はグローブを持って前へと歩き始める。そう…私が抑えれば…!
六実「ありがとう…皆。」
武蔵「俺たちは守り続けるさ。ここは絶対に完封させてやる…!」
淳和「こんなに頑張っている六実をみて助けるわけがないでしょ。いままでだって守り続けるのは当たり前だけど…。今日の六実はすごいよ。」
上野「また飛んで来たら俺が捕ってやる。だから遠慮せずに投げろ!」
伊勢「次は俺からだよな。遠江、俺が打ってさらに楽にしてやるからな!」
 相手ベンチはかなり盛り上がってくる。この回からはかなり勢いがついてくるといっても間違いないぐらい。だから…私が抑えてみせる。
友亀「七回! しまっていくぞ!」
皆「しゃああ!!」
 七回の表、バッターは伊勢さんから。そして…六実さんにも回ってくる。でも…大丈夫。私だって伊達に甲子園で勝っているのだから…。負けない…!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1410-3901ea36
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。