FC2ブログ
line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
11.13
「いぇーい!」
 紅音さんの笑顔が皆の顔を笑顔にさせてくれる。他のメンバーも笑顔になって歌い、踊る。これがアイドル、アイリングの求めているアイドルというものがいまここで多くの人に伝わってきている。そしてこのライブの盛り上がり。さらには一体感。これほどまですごいライブは…ここでしか味わえない。だからこそ…最高に楽しむことが一番必要なことだ。
「サビ、もりあがっていこー!」
 ハルミとアイリングのルナ、ユキノが声をかけあって盛り上げる。さすがこの四人のメンバーというべきか、この人たちでないと出来ないライブをみせている。そしてサビの盛り上がりがとんでもないことになっている。私たちは…この盛り上がりを見て体が震えている。そして…最高のライブに出会えていることがとてもうれしかった。
 ジャーーン!
「ありがとう!!」
 紅音さんが声をかけてまた盛り上げる。これがアイリング最高の舞台。そして…次はいよいよ私たちの出番がやってくる。私たちの…最高のライブ。みんなに見せるべき出番がやってきた。
「本当にありがとう! そして…次はね、私たちを見てアイドルを初めてくれた…本当に大切な仲間たち。そして…見れば必ず笑顔になれます! 私たちが自身をもって送る、ピュアプラチナです!」
 大きな拍手と歓声が沸き起こる。入れ替わるように私たちは前へと進む。
「皆、いくよ!」
「おおー!」
 紅音さんが戻ってくる。そして私は再びハイタッチする。
「最高の舞台だったよ! もう興奮が収まらない! 千代乃、楽しんで!」
「はい、紅音さん!」
 私たちはステージへと姿を現した。目の前には多くの人たちが見ている。私たちが…ピュアプラチナとしての最高の舞台を…!
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://reser42.blog.fc2.com/tb.php/1409-1969eefc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。