line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
01.29
 投げれる!全力投球ができる!
 私は十球以上全力投球ができてる。由紀の言うとおりにしたら全力で投げれる!私はおもわず大きな声で、
「由紀!ありがとう!」
 とお礼を言った。すると由紀はちかくによってきた。
「でしょ!イップスがあると亜弓は思ってたかもしれないけど、それは気持ちの問題なの。亜弓みたいな一度自信持っていた時がある人は、その自信だけを考えるとうまくいくんだよ!まあ私の勝手なかんがえだけどね。」
 由紀は笑いながら言うと、さらに私の手を握った。そして、
「一緒に野球部に入って甲子園目指そう!」
 私は驚いた。いや、それより何か心がざわつく気持ちのほうが大きい。由紀の暖かい手が私の心の中にあるなにかを振るわせるような感じがする。これはいったい何なのだろうか。
 私はこんなことを考えてたので返事を返すのを忘れていた。はっと気づいた私は何も思い浮かばずに、
「えっ?」
 といった。すると由紀が
「亜弓ならすぐにレギュラーとれるよ!」
「そんなことないよ。まわりだってすごい人ばかりだし…」
「大丈夫、なれるから。亜弓はとても球が速いしストレートに伸びがある。それにもっとすごい武器があるよ。」
「すごい武器って?」
「それはね…まだおしえない!」
 由紀は私が使っていたグローブをもって片付けにいった。私は帰るのかと思って私も片付けしながら
「なんで?教えてくれてもいいじゃん」
 と聞いてみた。
「それはマウンドに立ってみればわかるよ。」
 由紀はかばんをもって歩きながら答えた。続けて由紀は言う。
「きっとすごい投球ができると思うよ。それに亜弓は何か特別な雰囲気があるように思えるよ。」
「本当に?」
 私は半信半疑になった。そして由紀は私の方を振り返っていった。
「これからよろしくな!亜弓!」
 その由紀の姿は輝いていた。太陽と重なって見え、なにか満ち溢れているようにみえた。そして私も
「…よろしくね!由紀ちゃん!」
 といった。そうだ、由紀と一緒なら自分が変われるかもしれない。がんばってみよう。
 私が自分の心に誓っていると由紀が赤面しながら私にいった。
「だ…だからっ!ちゃんってよばないでえええええ!」

一話はこれで終了です。次からは二話に移ります。
スポンサーサイト
line-s
01.16
羽葉由紀(ばばゆき)

キャラクター紹介 
名前 羽葉 由紀 (ばば ゆき)
誕生日 9月27日 
身長154cm 体重50kg
両投げ両打ち メインポジション 外野手

表情豊かな活発系女子。 元気溌剌としていて、皆をまとめることが上手く、笑顔をつくらせる。
中学時代はソフトボールをやっており、全国大会入れて通算打率8割という驚異的なバッター。 それだけではなく守備よし、足も速い。 全国代表選手にも選ばれており、3番として大活躍した。唯一の欠点としては身長が低くて力が非力だということだ。 そして今度は亜弓とともに高校野球の世界に足を踏み入れることに。


今回もぺたごろうさんに絵を描いてもらいました。ありがとうございます
ぺたごろうさんのpixivページ
line-s
01.16
由紀が同じ帰り道を使っていると聞いたので、私は一緒に帰ることにした。友達と一緒に帰る、こんなのは久しぶりだ。すると、由紀が私の方を見て話しかけてきた。
「なあ、亜弓はどうする? 野球部入る?」
「うーん…まだよくわからない。ついていけるかが心配で…みんなレベル高かったし…。由紀はどうするの?」
「うち?私はやってみようかなって思うよ。できたら亜弓も一緒に入ってくれると嬉しいけどね。」
「一度やってみたいとは思うけどね…。」
 そう言うと私たちは黙ってしまった。現実的に考えるとしたら、入らないほうが無難だろう。私たちは女性だ。男子しかやっていない野球部に入ってベンチ入り、レギュラーを取るというのは至難のことだろう。でもやってみないとわからない。もしかすると取れるかもしれない。
 しばらく黙り込んでいたら由紀が口を開いた。
「そうだ!入る入らないにしてもさ、今からキャッチボールしようぜ!」
「え、でも私グローブ持ってないし…」
「大丈夫!うちグローブ二つあるし。亜弓ってどっち利き?」
「え?右利き。」
 私は思わず言ってしまった。いきなりの事なので慌てている。由紀が鞄の中からグローブを取り出して、私に渡してくれた。そして、
「そこの公園でキャッチボールしよう。うちは両利きだからどちらでも投げれるよ。今はグローブ右と左で一つずつしかないから今回はうち、左投げな。」
「うん…。」
 どうしよう。いきなりキャッチボールをするなんて…中学の野球部を引退ときからずっと壁当てをして体がなまらないようにはしていたが、人とキャッチボールするのは久しぶりだ。それに由紀は両利きだといった。両利きといったらバッティングとかでは両利きの人たちはいるが投げる方で両利きなんて聞いたことない。それができるということは相当由紀は上手なんだろう。そんなうまい人が私の球をみたらがっかりするだろう。なるべく早めに終わらそう…。
 私たちは公園につくとかばんを置いてキャッチボールをはじめようとした。由紀はなじませるように手にはめたグローブをたたきながら私に言った。
「投げるの久しぶりか?」
「いや、壁当てとかしてたから…。」
「おお、なら心配いらないな。それじゃあいくよ。」
 そうやって由紀はボールを私に投げた。
  パシン
 ちょうど私の構えたところにきた。私もうけとったボールをもって由紀に投げる。
  パシン
 私も由紀の構えたところに投げれた。久しぶりでも問題ないようだ。
 その後は少しずつ離れていった。由紀は離れていくと大きなフォームで少し強く投げてきた。そこから投げられる球はすごく勢いがある。ピッチャーの投げ方ではないと思うけど、球はピッチャーのように良い球だ。
 離れた後に何球か投げると由紀がいった。
「そろそろ座るね。」
「えっ?」
「ほら、ピッチャーやってたんでしょ?キャッチャーやるから投げてくれるかな?」
 ピッチングができる。それはうれしいけれども正直自信がない。今の私の球を見てもがっかりするだけだろう。私は控えめに言うことにした。
「わかった。…でもがっかりするよ?」
 私は顔を背けそうになったが、由紀が笑顔で、
「がっかりしないよ!きにしないで!とりあえず思い切り投げてみて!」
 といってくれた。私はコクリと小さくうなずいた。それを確認した由紀はすわってグローブを構えた。今の自分は全力でなげれないかもしれない。けれども由紀が「思い切り投げて」といっていたのを聞くと多少自信がでる。だから力がだぜる限り投げよう。そう心に誓うと私は大きく振りかぶって由紀のグローブめがけて投げた。
 バシン
 ボールは由紀のグローブにおさまった。しかし昔思い切り投げれていた球ではない。なにかからだが制御されている感じだ。
 由紀はたちあがってボールを返しながらいった。
「遠慮なんていらないよ。いい球投げてるから全力でいいよ!」
 由紀は笑顔で言ってくれた。けれども全力で投げたいのに投げれない。そんなもどかしい気持ちばかりが募っていた。
 その後も何球か全力で投げようとするが、どうしてもだめだ。由紀の顔も笑顔が消えていった。どうしよう、なんて誤ったらよいのだろう。
 七球目を投げ終えたころだろうか、由紀は心配そうな顔で私に問いかけた。
「亜弓、全力で投げないけど何か投げれない理由とかあるの?腕が痛かったり、無理して投げてたり。」
「ちがう…」
「そしたらなにかな?」
 そうきかれた私は黙り込んでしまった。本当のことを言って由紀に心配をかけたくない。そして私はうつむいたまま何もいえなかった。由紀が近づいて私に強い口調で言った。
「亜弓が中学時代で何があったかは知らないから、うちが言えることじゃないけど。昔のことをずっとひきずったまま全力だせずにいると、これから先野球以外のことでも本気がだせなくなるよ。いまはもうそんなやつらはいないんでしょ?だったら今はその人たちのこと忘れて、今どうしたいのかを考えてなげてみな。」
 由紀は目を鋭くさせてこちらを見て、また座った。そうだ、私はあの人たちに縛られてるわけじゃない。私は変わりたい。昔のように投げたい。絶対全力で投げてやる。そう思いながら大きく振りかぶって由紀に向かって投げた。
 バシン!!
 その音は全力で投げれていたときよりもはるかに良い音。そして由紀は目をきらきらさせながらこちらを見た。
line
プロフィール

reser42

Author:reser42
自作小説などいろいろつぶやいていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。